忍者ブログ
心の病から脱出したく開設しました。
[23] [22] [21] [20] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自然死、餓死、過労死、事故死、他殺、これらは外的な何かがあって生命

が無くなってしまうことだと思います。

それでは、内的な何かがあって生命が無くなってしまう事とは、どんなこ

とでしょうか。

精神面からおこること、これが一番多きな要因ではないかと考えます。

廃人という言葉があります、ただまだ生きています。

死ぬことすら忘れられて生きていられる人を意味するのでしょうか?

また、死ぬことすらできずに、廃人になってしまう人もいると思います。

人間は、生まれてから死ぬまで、生かされているのかとも思います。

こうして、この様な事を書き連ねている私も、まだ生かされていると思い

ます。生きていると、生かされているは、意志があるものと無いものの違

いがあります。生かされていることに喜びを感じる人と、生かされている

ことに苦悩を感じる人。生きていることに喜びを感じている人、生きてい

ることに苦悩を感じている人。苦悩の部分では、生きていても、生かされ

ていても苦悩には変わりが無いんです。

自らが生きていること、生かされていることを、模索し始める。

これからが、私のブログの第2章の始まりです。
PR

コメント
生きるということ
人は生まれこの世に出てきたからには死ぬまで生き抜かなければなりません。

「人」という文字は支え合っていることを表現したものだ、と言ったひとがいました。

一人では生きていけないのは事実でしょう。でも死ぬのは一人なのです。

いくら「集団自殺」という外形上の行為をしても死ぬ時は一人です。ただ一人で死ぬには勇気がいるので、集団自殺という行為を選択するのにすぎません。
人は死んだときその人の評価が決まるともいいます。

それは死に方ではなくて、生き方が問われるのです。今までどのような生き方をしてきたのか。自分を偽ろうとしても見ている人は見ているのです。
【2007/04/14 04:23】 NAME[藤巻 隆] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[04/18 藤巻 隆]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索