忍者ブログ
心の病から脱出したく開設しました。
[20] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

企業では、予算予算と神経を使います。

それは何故か。それは、単純に言うと、売上の中に利益があり、その利益

で、食べていかねばならないからです。

まともな経営者は、利益を基に予算をたてるのですが、利益など関係なく

売上の数字だけを追求する経営者もいます。どちらも経営者ですが、利幅

の中身が少ないと言って、今まで取り扱いをしていた商材を扱いをやめた

時におこる連鎖、関連する市場の売上を見失ってしまうことも経営者にあ

りがちなことです。

数字だけでは、判別のできない商いの部分の関係の破壊が発生するからです。

しかしながら、売上数字を重視する経営者に報告する際、予算に達成しな

いと、成績が悪いと評価されます。

売り先からの返された商品を受取らないとか、忘れたころに計上するなど

と言った行為は正当な企業なのでしょうか。

売り先殺しの経営は、自らも首を絞める。

商売をしていて取引先から信用や信頼を失ってしまったら、企業の存在

価値って、いったいあるのでしょうか。

投資家の皆さん、こんな企業があったなら、どう判断しましょうか。
PR

コメント
企業の本質が見える人にとっては
決算公告を見れば、ある程度ごまかしは見抜けます。売上や利益の推移に目を奪われがちですが、本当に大切な数字はキャッシュフローです。
「黒字倒産」は勘定合って銭足らずということです。数字の上では利益が出ていても、現預金が不足しているために、手形や小切手の決済ができず、不渡りを出して倒産してしまうのです。
よく行われることは、決算月に売上を過大に計上することです。返品を翌期に繰り延べたり、翌期扱いの納品を前倒しで計上したりするのです。
これらは明らかに「操作」であり、見かけだけ良くしようという、無能な経営者のしがちなことです。
わかる人にはわかるのだ、ということを自覚すべきです。
【2007/04/14 03:50】 NAME[藤巻 隆] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[05/20 藤巻 隆]
[04/18 藤巻 隆]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索